プロフィール

プロフィール画像
渡辺ヘルムート直道
男・1971年生まれ

最近の記事

カレンダー

<<   2019年10月   >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

月別アーカイブ

<<   2019年   >>

ブックマーク


救命講習

j39z4x2Cog.jpg
所属している地元の消防団で救命講習がありました。内容は、
事故などで心肺停止になってしまった人への心臓マッサージや人工呼吸のやり方です。
今まで自分の回りで、
救命措置をしなければならない様な状況に出くわした経験はありませんが、
これを覚えておけば助かる確率はかなり上がるという事で、みんな真剣です。

kyEe1RO5o0.jpg
倒れている人を見つけたら、まず耳元で大きな声で「大丈夫ですか?」と聞き、
反応がなかったら回りにいる人に手を振って助けを求めます。
119番通報と、AEDの用意をお願いするためです。

pcWdsCIaK6.jpg
助けを求めたら、倒れた人の呼吸を確認するために顔を近づけます。
目で胸の動きを見ながら、耳で呼吸の音を聞き、頬で吐息を感じる…と、
同時に3つの方法で呼吸をしているか調べます。
一見簡単そうに見えますが、やってみると慣れていないしけっこう難しい…。
講師の先生から「もっと顔を近づけて!」と首をぐいっとやられてしまいました。

IkveP1XVx4.jpg
呼吸をしていないと分かったら、人工呼吸です。
気道を確保し、鼻をつまみながら大きく2回フーっと息を吹き込みます。
これもやってみるとなかなか難しい!
先生から何度か注意されたあと「私の教え方が悪いのかな?」とつぶやかれ、
出来の悪い学生の気分になりながらフーフーやっていました…。

Bk3AaxGUlR.jpg
そして、心臓マッサージ。
「もっと強く!速く!同じリズムで絶え間なく!」
先生の厳しい声が続きます。心臓マッサージは、
ろっ骨が折れるぐらい強くやらないと効果はないと聞き、驚きました。

先生の指導のお陰で、一通りのやり方をなんとか会得できました。
実際に倒れている人を目の前にしたら、これを落ち着いてできるか不安ですが、
せっかく覚えた救命措置が、どこかで役に立てればと思います。


  • カテゴリ:指定なし