プロフィール

プロフィール画像
渡辺ヘルムート直道
男・1971年生まれ

最近の記事

カレンダー

<<   2019年10月   >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

月別アーカイブ

<<   2019年   >>

ブックマーク


初めて見た…!

近所で夏恒例の納涼祭がありました。
この納涼祭の最後を飾るのが、打ち上げ花火。
普通の花火大会の花火と違って、規模も小さく時間も10分と短いものですが、
近くで見るとなかなかの迫力なんです。

しかし、この花火が上がる時には、
消防団に所属している自分は「花火警戒」という任務があります。
内容は、花火が上がった後に落ちてくる火の粉を消す作業。
この時に使う道具が…

dikLtIQW_O.jpg
水枕の様な形のリュック。中に水を入れ、背中にしょって水鉄砲の様に水を出します。
その名も、「ジェットシューター」。見た目は地味ですが、名前はカッコいいかも…。

そして花火が上がる少し前、
自分の持ち場は打ち上げ場所から300メートル離れた場所でしたが、
人数が足りなくなったのか、急遽打ち上げる真下に変更となりました。

という事は、まさに立っている場所の真上に花火が上がる!
こんな場所で花火を見た事がなく、
どんな風に見えるのかちょっとワクワクしながらその時を待ちました。
そして、頭上100メートルに上がった花火がこれ!

tGFRCEjjPC.jpg
写真では伝わりにくいですが、
ものすごい音と共に空一面に花火が広がり、すごい迫力でした!
なんだか自分一人が花火を独占している様な気がして、
そのキレイさにしばし見とれていました。

0rklZYQm5q.jpg
10分間の花火が終わると、火消し作業。
地面に落ちた火の粉めがけて水を発射します。
火の粉と言ってもそこらじゅうにあるわけではなく、
ほとんど見当たりませんが、万が一のために入念に水を撒きます。

それにしても、こんなに近くで花火を見たのは初めてで、少し興奮してしまいました。
また打ち上げ場所を担当したいなあ…。


  • カテゴリ:指定なし