プロフィール

プロフィール画像
金平茂紀
1977年 TBS入社。
社会部、「ニュースコープ」副編集長、モスクワ支局長、ワシントン支局長、ニュース23編集長を務め、2005年から報道局長、2008年からはアメリカ総局長として、アメリカを中心に取材を続ける。
2004年度「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞。

カレンダー

<<   2012年2月   >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

最近の記事

カテゴリ

このブログで使用したタグ

ブックマーク

#54 承前

このブログには容量制限があって、18日の天皇手術特集は分量がとても多く一回では入りきれませんでしたので、後半スタジオ部分を再録しておきます。
==================================

<医師団記者会見生中継>

特集会見後スタジオ
日下部:会見の途中ですけれども、非常に手術は順調に進み終了したということなんですが、先生、専門家からみて
須磨:小野教授がプレッシャーは…



#53 思うようにはならないものさ

2月18日。この日は福島県でとても重要な取材が入っていたので、スタジオ出演をお休みにしました。その取材の成果は、3月10日に予定されている『報道特集・スペシャル』でお伝えする予定です。
XNZwSzcWd8.jpg
2月18日の取材シーンより(筆者撮影)

放送予定だった「沖縄の米軍基地再編問題」は、天皇の心臓手術に関する情報満載で放送できませんでした。僕も直接、沖縄取材に関わったので、この日に放送できなかったのは残念でした…



#52 健康で文化的な最低限度の生活

teD4KDaTYB.jpg
那覇上空にて機内から

こんにちは。今、沖縄で取材中でUPDATEが遅れました。
さて、日本国憲法25条は、次のように高らかに宣言しています。「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」。生活保護制度はこのような条文を実現するためのひとつの手段です。ところが日本においては、この…



#51 死者を弔うということ

KsftFSa644.jpg
kPTnLHXhLo.jpg
人はいつか必ず死ぬ。死は社会的な出来事だ。だから僕らは、死んだ人と共に生きていくことができる。死者をどのように弔うか。今回の「報道特集」では、お墓の問題を取り上げました。とても重たいテーマです。死んでもお墓に入れない人が首都圏だけでも100万柱という数字は何を物語っているのでしょうか。いろいろなことを考えながら僕もVTRをみていました。取材は河賢樹記者です。『みすず』という雑誌があります。去年の…