プロフィール

プロフィール画像
日下部正樹
1985年 TBS入社。
政治部、香港支局長、北京支局長、外信部デスクなどを務め、2010年9月までは、ソウル支局長。

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

<<   2019年   >>

このブログで使用したタグ

ブックマーク

 

申し訳ないが気分がいい 第一回 アナログなのです

今朝、家の近所を5キロほど走りました。
いつもi-podにNike+のコンビネーションで走ります。
今朝はあまりにも天気が良かったので、
BGMに遠藤ミチロウさんを選びました。
晴れ渡る空、小奇麗なニュータウン、健康志向な自分。
何だか清々しい。
93dlJvUt7M.jpg
一人悦に入っていると、
遠藤ミチロウさんが
「オマエなんて知らなーい!」
と僕を突き放します。
「ごめんなさい。こんな僕じゃなかったのに。」
「でもね、ミチロウさん。
 申し訳ないけど、
 正直言って今はとても気分がいいのです。」
・・・・
僕はこんな風にジョギングを5年近く楽しんでいます。

さて、その音楽の話です。
僕はいまだレコードを聴きます。
EqTCkJKeTD.jpg
と言っても長い中断をはさんで
再びレコードを聴き出したのは
この10年くらいの事です。

きっかけは北京支局時代の音楽飢餓状態にあります。
90年代の北京は外国音楽含め文化開放が徐々に進みつつあったものの、
好きなCDが簡単に手に入る状態では全くありませんでした。
もちろん当時は音楽のネット配信もありませんし・・・
まあ、かなりの禁断症状にあったわけです。
oZ4CEx8N1D.jpg
ですから帰国と同時にオーディオ揃えて、
CDを大量に買い込んで、
これで飢餓状態から開放されるとばかりに
ステレオに向き合うわけですが・・・
あら?・・・何か物足りない。
オーディオにもかなりお金をつぎ込んだのに。
熱がまるで伝わってこない、心に響いてこない・・
そこで引っ越しの時出てきたほこりをかぶったLPを
何となく聞いてみようと30年ぶりくらいに
中古のレコードプレーヤーを
買って針を下ろしてみました。
igo89zOcmu.jpg
これが・・・いいのですよ・・・本当に。
何て言うのだろう?僕が中学生1年の時に
初めてロックを聴いて打ちのめされた、
(因みにそれは「クリムゾンキングの宮殿」でした。)
あの時のそのままの音がするんです。
音ばかりでなく、当時の空気まで伝えてくれるような感じ。
それから僕のレコード漁りの日々が始まります。
レコードはとにかく消耗品ですから、
西新宿あたりをうろついて
状態のいいものに出会うと、つい手が出てしまいます。
T1SH21nfXV.jpg
いつの間に好きなアーティストの同じアルバムが何枚も。
さらにオリジナル盤だ、マトリックスだ、
希少盤だと言い出したら、もう泥沼から抜け出せません。(つづく)



この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
名前
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
  • トロリンさん
  • 2010/12/04 18:28
初めまして。日下部さんがブログを書かれていることを今日初めて知りました。TVとは違う日下部さんの一面をうかがうことが出来て、大変興味深かったです。日下部さんが遠藤ミチロウ!びっくりしました。・・・これからも応援しています。金平さんとのコンビ、いいですね。それでは失礼します!