プロフィール

プロフィール画像
日下部正樹
1985年 TBS入社。
政治部、香港支局長、北京支局長、外信部デスクなどを務め、2010年9月までは、ソウル支局長。

カレンダー

<<   2019年9月   >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

<<   2019年   >>

このブログで使用したタグ

ブックマーク


かつて「軍都」だったところ

「東京から消えたもの。」
答えは色々あると思います。
自然とか田畑とか答える人もいるだろうし、
路面電車とか運河と答える人もいるでしょう。
もちろん全く消えたわけではありませんが、
ほとんど姿を消したという意味です。
そういう意味で言うと「軍用地」も
答えのひとつになるのかもしれません。
かつて東京は都心部にも軍用地が
点在する「軍都」だったのです。
6ZXH21agxi.jpg
毎日のように通っている会社や学校がある所が、
以前、どんな場所だったかは
知っているようで詳しくは判らなかったりします。

例えばTBSの局舎がある場所は
戦前、陸軍の兵舎があった軍用地だった事は
多くのTBS社員も知っていることだと思います。
しかし、駐屯していた部隊が
二・二六事件に深く関わった事までは
どの程度の社員が知っているのでしょうか。

華やかな街並みからは想像もつきませんが、
赤坂・青山・麻布一帯はかつて
首都防衛の要である部隊が駐屯する軍の街でした。
そしてこれら精鋭部隊の青年将校らが起こした
クーデター未遂事件が二・二六事件でした。
TBSの近所にはこんな石碑があります。
9DUZj8Wpqm.jpg
近衛歩兵第三聯隊は1891年以来
50年近く赤坂の地に駐屯していました。
敷地はTBSやサカスがある地区とほぼ重なるそうです。
これまで気づかなかったのですが、
TBSの近所、私もよく食事に出向く通りには
陸軍用地の境界を示す標識がありました。
GfLTRsFpbc.jpg
写真では見にくいかもしれませんが
陸軍と読めます。
まだこんなものが残っているのですね。
さて、
TBSの敷地の以前の主だった近衛歩兵第三連隊です。
1936年2月26日午前4時過ぎ。
雪が降りしきる中、
中橋基明中尉率いる100人ほどの襲撃部隊が
高橋是清蔵相暗殺のため
青山通り沿いにあった高橋邸に向かいます。
こう書くと単なる歴史の一節ですが
襲撃部隊が進んだコース=TBSから
通称コロンビア通り、青山通りをぬけ
カナダ大使館の横にあった高橋邸まで。
徒歩で10分ほどですが、
見慣れた道を実際に歩いてみると
歴史が突然皮膚感覚を帯びて迫ってきます。
a1rssPamh7.jpg
高橋是清邸は現在、公園になっていて
奥にはダルマと呼ばれた高橋是清像があります。
蔵相として軍事費の削減を進めたことから
青年将校の標的となったわけですが、
それにしても高橋邸の周りは軍の施設だらけ、
当然不穏な空気は感じていただろうに
高橋是清という人物は豪胆だったのか、
それとも鈍感だったのか・・・
e8ZRojEH_t.jpg
この他にもこの一帯には
二・二六事件の中心となった部隊が駐屯していました。
nIlLhJggEQ.jpg
歩兵第一連隊は現在のミッドタウン。
かつて防衛庁があった場所ですね。
いまは東京一の高層ビルがそびえ立ちます。
s2ve0kyjU2.jpg
歩兵第三連隊は国立新美術館。
ここには兵舎の一部が保存されています。
といっても前面部分だけです。
CiIyHkZ0yl.jpg
この他にも第一師団司令部とか陸軍大学校とか
軍用地は相当な面積を占めていました。
赤坂・青山・麻布地域は「軍都」東京の中でも
軍隊の存在が際立つ地域だったのですね。
そういえば麻布十番は
軍人で栄えた街だと聞いたことがあります。

で、その軍の街は現在、
すっかりおしゃれな街に姿を変えたかというと・・・
qSK_JVAlWl.jpg
eNKkRll3VL.jpg
国立新美術館と青山墓地の間を歩いていると
飛び込んでくる鉄柵と「Warning=警告」の文字。
歩兵第三連隊の跡地の一部は戦後、
アメリカ軍に接収され兵舎やヘリポートととして
70年近くたったいまも「占拠状態」が続いています。
rJ0Kivpx3m.jpg
mmt1EX3S6k.jpg
青年将校ら1400人余りによるクーデターは
昭和天皇の強い意志もあり
わずか4日で鎮圧されました。
軍事法廷で将校17名に死刑判決が下され
彼らは陸軍刑務所敷地内で処刑されます。
陸軍刑務所があった場所には
現在、NHKや渋谷区の庁舎が立っています。
aSvRsWw6BA.jpg
二・二六事件の痕跡を追っていたら、
図らずもその出発点と終着点にテレビ局がありました。
まあ、全くの偶然で意味はないのですが・・・



この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
名前
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
  • newtonさん
  • 2012/07/01 07:55
あなたのコメントを聞いていると、筑紫哲也と同じようなことを言っている。「税は政治であり、政治は税である」それこそ抽象的な方向性の問題でなく、明日の具体的な問題である。