プロフィール

プロフィール画像
日下部正樹
1985年 TBS入社。
政治部、香港支局長、北京支局長、外信部デスクなどを務め、2010年9月までは、ソウル支局長。

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

<<   2019年   >>

このブログで使用したタグ

ブックマーク

ふたつの広場

前回分と順序が逆になったうえに古い話題で恐縮です。
6月11日の脱原発デモについてです。
ご存知の方も多いと思いますが、
東日本大震災から3ヶ月の6月11日、
全国各地で脱原発を訴えるデモや集会が行われました。
「報道特集」でも新宿駅東口広場から
デモや集会の様子を中継で伝えました。
RObOuWGkg8.jpg
主催者側の発表によれば2万人が参加したというこのデモですが、
東口広場もご覧のように人であふれかえりました。
こ…



ソジュと私

取材で韓国に行ってきました。
ソウルのミョンドンは相変わらず日本人観光客でいっぱいです。
いまやソウルは買い物・グルメ・エステを満喫出来る
ファッショナブルな街として日本人女性を魅了しているようです。
2btakqhgNg.jpg
時代は変わった・・・
でもですね。
軍事政権の時代から韓国を行き来してきた
へそ曲がりなおじさんはついつい口を挟みたくなるのですね。
「韓国がグルメ?どこが?」
uy00bXK6PF.jpg
猛烈な抗議を覚悟であえてこう書く…



最後の要塞(アルカイダ)

「これは隠れ家か?要塞じゃないか。」
米軍によって射殺されたウサマ・ビンラディン容疑者が
「潜伏」していた建物は、
私が勝手に抱き続けた「隠れ家」のイメージとは
およそかけ離れたものでした。

報道する側に身を置く者が、
こういう事を言うのは無責任だと叱られそうですが、
報道から受けた印象と現場で実際に感じた印象が
かなり食い違うことがあります。
共通のイメージが持ちにくい外国の場合、
ギャップは…



もうひとつの災害

福島県はよく三つの災害に見舞われたといいます。
「地震」「津波」「原発事故」
これに加え福島がもうひとつの災害に見舞われていたことは、
報道が少ないせいもあって、
あまり知られていないかもしれません。
Txfc1rSZFS.jpg
場所は福島県須賀川市の藤沼ダム。
3月11日の地震でダムが決壊、
150万トンの貯水池の水が濁流となって下流の集落を襲い、
8人の方々が亡くなったり行方不明になっています。
bct29hfz1K.jpg
現場を訪れたのは4月…



被災地で

東日本大震災から一ヶ月。
もうそんなにたったのかという思いの一方で、
どこか遠い昔のような気もします。
何度か被災地にも入りました。
そこには両極端なモノがうずまいていました。
破壊と構築、静と動、自然と人工、聖と俗、弱者と強者、
光と闇、ざわめきと静寂、喜と怒、前進と後退、希望と絶望・・・
取材していても
ある時は人間の非力さを思い知らされ、無力感に苛まれ、
ある時は人間のたくましさとやさしさに…