プロフィール

プロフィール画像
星の王子さまミュージアム
星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリのスタッフによるイベントのお知らせや最新情報のブログです。

最近の記事

カレンダー

<<   2018年11月   >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

<<   2018年   >>

【ロマスタ】梅原裕一郎さんインタビュー記事(フルver.)

冬期イベント「ロマンティック・スターリー・ナイト」
プロジェクションマッピング ナレーション
梅原裕一郎さんインタビュー記事(フルver.)


星の王子さまミュージアムの冬期イベント「ロマンティック・スターリー・ナイト」が、2019年1月7日(月)まで開催中です。
今年度のプロジェクションマッピングでナレーション(飛行士役)を担当される声優の梅原裕一郎さんに、収録を終えた感想を伺いました。
--------------------------------------------
YDqAtGEtIp.jpg梅原さんのナレーションは昨年に引き続き2年目です。
昨年のプロジェクションマッピングを観に行った方々から、「すごくよかった」という感想をいただくことが多くて、今年も担当できることが、本当にうれしいです。昨年と違って、今年は「飛行士」の役をやらせていただいて、同じ物語のなかで違う役を演じるというのはあまり機会がないので楽しかったです。やはり『星の王子さま』は、いつ見ても心に響く作品だなと改めて感じました。

今年は、梅原さんが飛行士役で、王子さま役は蒼井翔太さんです。
ひとりじゃなくて、ほかの誰かがいるという安心感はすごくありました。ひとりでやるよりふたりでやった方が、パワーがぜんぜん違うんじゃないかなって思います。なので、今回、蒼井さんと共演できてうれしかったです。蒼井さんの「王子さま」はとてもぴったりだなと思っているので、僕自身も完成したものが楽しみです。

梅原さんから見て、蒼井さんはどのような存在ですか?
僕の中では、蒼井さんは、『星の王子さま』に出てくるキャラクターのような、現実離れした印象が強い不思議な方です。蒼井さんの「王子さま」はすごく気になります。

収録を終えていかがでしたか?
今までは、「キツネ」と「王子さま」をやらせていただいたことがあるのですが、「飛行士」は初めてでした。物語の中では、「飛行士」がいちばん現実的というか現実に近い人物というところで、そこをどうしようかなと最初は難しく感じましたね。『星の王子さま』という作品の雰囲気は、ファンタジーなちょっと不思議な感じなので、その雰囲気を壊さないように伝えられたらいいなと思いながらやりました。

収録で気をつけたところは?
あまり堅くなりすぎず、本当に「飛行士」が話しているかのように、ナレーションというよりも“演じる”という形で今回はやらせていただきました。前回とはまったく感覚が違うものがありましたね。

ナレーション以外にも、上映までの案内の収録もありましたね。
僕のセリフが3種類と蒼井さんのセリフが3種類、全部で6種類の案内が流れますね。中でも僕が「おまじない」をかけているセリフが……(笑)。ただ、『星の王子さま』だからこそ許される感じがあったので、それはやっていても楽しかったですし、いろいろなパターンを録ったので、蒼井さんがどんなパターンを収録されたのかが気になります。


6kP70GCJSI.jpg収録以外に撮影もありました。
撮影はいまだに慣れないところが多くて、なかなか難しいなと感じながらいつもやっています。ですが今回は、スタッフの皆さんの『星の王子さま』という作品への愛が現場にあふれていて、僕も肩肘張らずにゆるゆるとやってみようかなと、だいぶリラックスした雰囲気で撮影ができたので、楽しかったです。

ミュージアムの写真やグッズをご覧になっていかがでしたか?
バラの季節は堪らないでしょうし、冬は冬でロマンティックですね。いちばん気になるのは、ミュージアムの「ウワバミ」推しです。「ウワバミ」がいたるところにあって、窓や料理も「ウワバミ」の形になっているんですね。作品を知っている人にはおなじみの「ウワバミ」なので、楽しいんじゃないかと思います。あと、やっぱり、イルミネーションの光の感じが、冬の夜はすごくいいですね。今回のナレーションが流れるのも冬ですもんね。星の王子さまミュージアムは、純粋にきれいだったりおしゃれだったりするので、『星の王子さま』を知らない人を誘ってみてもいいんじゃないでしょうか。誘ってみて、そこから『星の王子さま』を知ってもらうこともできると思うので。ぜひ、僕も行きたいですね。箱根ならぜんぜん行けちゃうので。
ony_uMp1aB.jpgローズガーデン
5FhgVjhYeN.jpgレストランに隠れる「ウワバミ」


蒼井さんと一緒に?
そうですね。それは確かに。誘ってみましょう(笑)

梅原さんといえば『星の王子さま』という印象があります。
本当に『星の王子さま』に縁があるんですよね。『星の王子さま』に出会ったのは朗読劇(※2017年7月9日)が最初で、その後もいろいろなところの『星の王子さま』のお仕事で名前を挙げていただいて、本当にうれしいです。そのたびに、『星の王子さま』が多くの方に愛されているのを感じます。
今まで、「キツネ」と「王子さま」と、今回の「飛行士」とやらせていただきましたが、まだまだたくさんのキャラクターが出てくるので、これからもいろいろな役をできたらうれしいです。「ビジネスマン」もやってみたいですね。あの時代のサン=テグジュペリがこれを書いたのかとちょっとびっくりするくらい「ビジネスマン」は現代に通じるものがあり、でも確かに、ああいう人って周りにもいますし、いつの時代にもいるんだなと感じるキャラクターです。

『星の王子さま』の中で好きなキャラクターと印象的なシーンは?

僕の中では、やっぱり朗読劇で初めて演じた「キツネ」というのは、本当に大切なキャラクターになっています。「キツネ」は、物語の中のいちばんいいシーンで、「本当に大切なものは目に見えない」という哲学的なセリフを言います。このセリフは、サン=テグジュペリがいちばん伝えたかったこと、『星の王子さま』の主題なんじゃないかなって僕は思っています。

Xlr94ZTbJF.jpg『星の王子さま』と出会って生じた変化は?
実は、『星の王子さま』のお仕事をいただくまで、ちゃんと読んだことがなかったのですが、読んでみると、最初に抱いていた印象とまったく違いました。最初、僕の中では、子ども向けの絵本のような物語なのだろうなと思っていたのですが、実際は、その要素ももちろんあるのですが、どちらかというと大人になってから楽しめる深い物語なんだなと感じました。なので、この年齢で『星の王子さま』に触れられたというのは、すごくうれしいことだと思います。読んでいるときは物語として楽しめる一方、「本当に大切なものは目に見えない」、「一輪のバラ」など、わかってはいるけど日常生活では忘れがちなことを教えてくれます。今回、僕は病気をしていろいろあって、「本当に大切なもの」は、どうしても見落としがちなんだなと気づかせてもらいました。忙しい毎日にかまけていると、どうしても忘れちゃったりしますけど、それは本当にもったいないなというのを再確認しました。なので、皆さんもぜひ、「本当に大切なもの」を忘れないでほしいと思いますし、そういったメッセージを感じてほしいなと思います。

梅原さんにとって『星の王子さま』とは?
いろいろな経験をさせてくれるものです。初めて原作を読んだときの感動もものすごくありましたし、朗読劇で「キツネ」を演じたときの感動はひとしおでした。昨年に引き続きナレーションとして関わらせていただいたり、本当にいろいろなことを体験させてくれる物語だと思います。そんなこの物語を、たくさんの人に広めたいなというか、もちろん有名なお話なので知っている方のほうが多いとは思うのですが、それでもやっぱり薦めたいです。知らない人は絶対に読んだ方がいい、出会った方がいい物語だなと僕は思っています。

最後に、「ロマスタ」を楽しみにしている方々にひと言お願いします。
今年は僕と蒼井さんで『星の王子さま』の物語を演じさせていただきましたので、昨年とまたひと味違うものになっています。素晴らしい映像とともに皆さんに楽しんでいただければいいなと思います。何回でも楽しんでいただきたいですし、行っていない人にはぜひ薦めていただけたらうれしいです。
t_uBkegD74.jpg
冬期イベント「ロマンティック・スターリー・ナイト」特設ページはこちら