最近の記事

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

<<   2019年   >>

このブログで使用したタグ


「メディアを論じるように、メディアを作れ。」 ―須田和博

大先輩である前川さんとのご縁は、

地上波ローカル番組とWEBサイトを組合わせた、
自分が手がけた、ある広告キャンペーンの事例紹介を、
放送批評懇談会で、させていただいたことに、端を発する。

今回、この「あやとりブログ」という、網状言論の試みに、
ありがたくも、2人目の「あやとり手」として、お招ききただき、
さて、どうしたものか、、と、
正直、書き出しがなかなか見つからなかった。

太宰治は、その昔、小説は書き出しさえ見つかれば、
誰にでも書けるものだ、と豪語した。

ブログの場合は、書き出しも大事だが、
「最初のエントリー」が、大事なのである。

自分が、恥ずかしながら、匿名で4年半続けているブログがある。
名前を「インタラクリ」という。http://ameblo.jp/ksdkjp/

そもそもは「インタラクティブにおけるクリエィティブ」を、
考察しようと、2006年6月、カンヌ国際広告祭を訪れた時に、
書き始めたものだ。

この4年半で、投稿総数は、8200超。
自分の脳や目の「うつろい」の、まるごとアーカイブだ。

その、第1エントリーのタイトルが、
「そもそも、広告とは何か?」、だった。
http://ameblo.jp/ksdkjp/entry-10013829790.html

結局、なんだかんだ、いろいろ書いているようで、
要するに、この1点を、ずうっと問うているだけである。

今回、大先輩である前川さんの、
あやとりの「赤い糸」を受け取るにあたり、いろいろ考えたが、
(考えをまとめる時間が、なかなか作れず、
 かくも遅くなってしまい、まことに申し訳ありませんでした。)
最初のタイトルは、こうすることにした。

「メディアを論じるように、メディアを作れ。」

要するに、今、我々、全員に課せられていることは、
この「ひとこと」ではなかろうか。

高校時代以来、ずっと敬愛している、
映画監督のジャン・リュック・ゴダールは、
カイエ・デュ・シネマの書き手から、映画監督になる際、
こんな風に言ったという。

「映画を批評するように、映画を作れ。」

以来、氏は、
半世紀以上、それを実践している。

メディアを論じ、そこで論じた「あるべきメディア」を作る。
そして、そのメディアにあるべき「コンテンツ」も、もちろん作る。

我々の仕事は、今までも、これからも、
要するに、ずーっと、それだけだ。

なので、せっかく、広告界を逸脱して、
刺激的な論戦に、あやとられる機会をいただけたので、
ここでは、若僧側も、大先輩に負けないよう「キツめの弾」を、
投げ返し、打ち返したいと、思っている。

具体的には、次号の自分のエントリーから。。




この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
名前
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。