最近の記事

カレンダー

<<   2019年12月   >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログで使用したタグ


答えは自分で! -「なかのひと」さんの書き込みについて- 前川英樹

**********************************
管理人の氏家です。10月25日、前川せんぱいのポストにTBSの“なかのひと”さんからコメントがありました。以下がそのコメントです。

TBSのなかの、30代の人間です。私も内田樹さんが大好きで共感するのと、TBSという会社に、きっちりこういう考えを持っている人がいて、安心しました。
あとは、自分たちの世代が旗を振る時代にどうあるべきか。その時、社を取り巻く状況どころか、日本という社会が何らかの変化を遂げているでしょう、それに備えて今から何をすべきか?
もう「守る」のではなく「やってから考える」柔軟さを、いい加減身につけねばならぬと感じている今日この頃です。
そのために、私たち若い世代は何ができるでしょうか?

そしてこのコメントに前川せんぱいがレスしてくれました。

**********************************

9月7日の「あやブロ」、「内田樹さんの『最終講義』を読んで『旗印』について考えた…ついでに『地上テレビだよと言えなくなる危険性』も」について、「なかのひと」さんから書き込みコメントを頂いた。何であれ、書いたことにリアクションがあるのは嬉しい。「なかのひと」さん、ありがとう。
で、彼あるいは彼女は、前川あやブロに共感してくれて、「TBSにこういう人がいて・・・安心しました」と書いている。<安心>してはいけない! 第一に、ぼくは「中=TBSの人」とは最早いえないのだし、第二にこんなことで<安心>してる場合ではない。もちろん、そのあとに、「いまから何をなすべきか」と書いているのだから、実は<安心>していないということなのだろう。そのことに少し<安心>した。
彼女または彼は、「もう『守る』のではなく」とも書いている。まことにその通りだ。放送に「守る」べきものはない。放送にメディアとしての可能性があるとしても、それは「守る」のではなく、いまトライすべきものとしてあるのだ。
ぼくが「なかのひと」のときに何をしたかということを反芻(反省というよりは)しつつ言うのだが、自分たちに何ができるかと、他人に、例えば先輩に、聞いても多分何も出てこない。答えは、<あなた>の中にしかないのだ。
ただ言えることは、第一に「自分に何ができるか」ということを、自分に問い続けること、第二に自分の周辺の人々をキチンと見ること、そしてなぜ彼らからは答えが出ないかを考えること、第三に、若しこうしたことで会話が成立する友人(もちろん、年齢に関係なく)がいたら、その関係を大事にすること、その外に答えはない。

なんだか、人生相談の回答係りみたいな気がしてきた。
「なかのひと」さん、元気でね!


前川英樹(マエカワ ヒデキ)プロフィール
1964年TBS入社 <アラコキ(古希)>です。TBS人生の前半はドラマなど番組制作。42歳のある日突然メディア企画開発部門に異動。ハイビジョン・BS・地デジというポストアナログ地上波の「王道」(当時はいばらの道?)を歩く。キーワードは“蹴手繰り(ケダグリ)でも出足払いでもいいから NHKに勝とう!”。誰もやってないことが色々出来て面白かった。でも、気がつけばテレビはネットの大波の中でバタバタ。さて、どうしますかね。当面の目標、シーズンに30日スキーを滑ること。



この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
名前
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
  • なかのひと(♀)さん
  • 2011/10/27 14:39
先輩ありがとうございます。
400字制限という短いコメントを、的確に理解していただいて感激しています。「近くは見える」その近くに「安心」を求めたうえで、「遠くがまったく見えない」カオスにモヤモヤつまり永遠に「安心」などできないのではないか、そんな思いで書き込みしました。
そんな思いを汲んで頂いて感謝しております。

そして結局、そういうことなのですよね。答えは自分の中にしかない。
ただ、それを逆に言えば、可能性は無限大。自分の器の量だけ可能性は広がるということですよね。

いま自分が、日常生活、朝起きて通勤して仕事して電車に乗って道を歩いて帰宅して・・・そのすべてにヒントはある、そう考えて、これから当面はスポンジのようにすべてを吸収する所存です。