11月は忙しかった―東北、43,000字の作文、アルバム二つ ― 前川英樹

「あやブロ」は久しぶりだ。
11月は忙しかった。
東北被災地の今を見てきた。そのことは、ここでも短くレポートした。それと並行して民放連研究所から依頼された原稿書きに追われた。これは、「ネット・モバイル時代の放送」というテーマで、2010年3月に報告書をまとめた「放送の将来像と法制度研究会」のメンバー(大学や研究機関の専門家たち)が、それぞれの立場からこのテーマについて知見を述べるという企画だ。ぼく…


宮城被災地を訪れて② - 堀 香織

【管理人より】前ポストの続きです。


 翌朝7時半、金華山を対岸に見る牡鹿半島の宿を出発した。
 途中鮎川港に立ち寄った。ここは明治時代から続く国内有数の捕鯨基地で、20年前には「おしかホエールランド」という鯨に関する博物館も建てられた小さくも活気ある観光地だった。しかしその博物館も金華山に向かう船の発着場も破壊し尽くされている。
ozvI4t1b9G.jpg
n13DG3901b.jpg
 道路には波が打ち寄せていた。地盤沈下がひどく、満潮時には道路…


宮城被災地を訪れて① — 堀 香織

 11月19日〜20日の週末、企画リサーチのため宮城県の被災地を訪れた。仙台でレンタカーを借り、初日は石巻市を、翌日は南三陸町と気仙沼を廻った。
 行くに際しては場所をリサーチしておいた。石巻市は児童のおよそ7割が亡くなったという大川小学校。南三陸町は職員の遠藤美希さんが津波に襲われる寸前まで避難を呼びかけていた防災庁舎。気仙沼は全従業員を(本人の離職以外は)解雇せずに営業を続けている、水産業+ホ…


新・執筆者が参加 - 管理人

管理人の氏家です。

久しぶりに新しい執筆者が加わります。
堀 香織さんという女性のライターです。
最近の、東日本大震災被災地視察の一連のポストを読んで、あやとりブログへの寄稿を申し出てくれました。

プロフィールです。

堀 香織(ほりかおる)
フリーライター。1971年石川県生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒業後、雑誌『SWITCH』の編集者兼ライターに。6年勤務ののち、フリーとなり、インタビュ…



余人を以て代え難いシンガポール ― 志村一隆

z54cEX0LXq.jpg          シンガポールの目抜き通り「オーチャード・ロード」

Singapore Keeps Growing

11月のシンガポールは気温30度。午後は毎日ゲリラ豪雨が降る。
国土の広さは、先月あやぶろメンバーと訪れた仙台市くらいだ。東京都の3分の1。しかし、海岸線はどんどん沖に伸びていて、創業時海岸沿いに建てられたラッフルズホテルは、もはや海岸から1kmも離れている。地下街は30分歩い…