プロフィール

プロフィール画像
小林のん
サンデージャポン
ジャーナリスト
小林のんです

最近の記事

カレンダー

<<   2019年12月   >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ


高低フェチ

マカオロケに行った皆さんから
お土産いただきました!
GSb6BedkEX.jpg
どーん!
ごちそうさまでした☆



それにしても
マカオタワーのバンジージャンプ
今回のロケでは悪天候のため飛ぶことができず
残念でしたね。。。
私もいつか、ぜひ飛んでみたいものです!
(落ちてみたい?)
時速200キロの落下・・
落ちきった後の びよんびよん な状態もいいですよねー
胃が浮いて体の中で迷子になったような感じ!
たまらないですよねー
「ふぅわっ」「ふぅわっ」て言っちゃいますよねー
高低差のある乗り物が大好きです
アトラクション大好きです
遊園地に行っても
ひとりでずーっとバイキングの端っこに乗り続けていたりします



そういえば、
むかしリンゴブランコというブランコがあったのを
今思い出しました
リンゴの形をした左右に揺れるブランコだから、リンゴブランコ
外側からブランコにつかまりながら
どこまで高く揺らせられるか挑戦の日々でした
下がる時はブランコを押しながらしゃがみ込んで、
上がる時は一気に力を抜いて、足は宙に浮いて・・を
永遠繰り返していたような微かな記憶があります
1回外側の鉄に前歯ガッツリぶつけたことがあって
全力で泣き叫んで、
それ以来乗らなくなったような?
記憶と共に口の中が鉄の味になってきました



小さい頃から私は
急な高低のスピードに自分の体がついていかない状況が
好きなんだと思います
一生懸命に体が追いつこうとしているのに
実際はまったく追いついていなくて
その様子を
脳はひんやりとした目で意識しているという“ズレ”
そんな現実にゾクッとして
声も出さずにただニヤニヤして満足している気がします



波打ち際に裸足で立って
足ごと持っていかれそうになる、あの感覚
血の気が引いて「ひょえー」と声に出しちゃいそうだけど
唇をふがふがさせただけで
でも何故かニンマリしてしまうような、あの感覚
最近体験しておりませんでしたので
近いうちにまた触れてみたいものです



  • カテゴリ:指定なし