プロフィール

プロフィール画像
伊藤 隆佑
身長179センチ、体重75キロ。

小・中・高と野球。大学ではアメフトに熱中!

『いとうなる』は

感動した出来事、心震える言葉など

“いとう” が “うなる” 瞬間を記すブログです。

最近の記事

カレンダー

<<   2018年9月   >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

<<   2018年   >>

 マレー虎、ではなく。 

 地球を一周する

 旅の最後は

 アジアのマレーシア。



 首都・クアラルンプールは

 中華系の民族などが

 多く生活する文化圏。



 今は、北朝鮮関連の

 ニュースが飛び交っていますが

 僕が訪れた時は、平穏でした。


nGcJLwfxgN.jpg

 中国の旧正月である

 「春節」と重なることもあり

 デパートなどは、ド派手な装飾。



 買い物をするにも

 「最大70%オフ!」という…



 芸術と美食の街 

 地球を一周する旅行は、

 ヨーロッパ屈指の世界都市

 スペインのマドリッドへ。


M7_E2FXwbc.jpg

 歴史的な建造物が

 立ち並ぶ雰囲気は、

 ザ・ヨーロッパ、です!


nEynp_3KdK.jpg

 聖堂や教会の

 ステンドグラスは

 荘厳な輝きを放ちます。


3RI1jxsnXZ.jpg

 数々の名画を所蔵する

 プラド美術館は

 3時間ほどかけて巡り。


2ywkH5eBC7.jpg

 ソフィア王妃芸術センターでは

 ピカソの『ゲルニカ』などを

 鑑賞…



 熱狂と静寂と伝統と 

 地球一周の旅。

 つづいては

 ドイツでの体験。


mdOPEa6TfR.jpg

 日本と同様に

 冬のドイツは

 とても寒かったです。


PmxWQYS3bJ.jpg

 でも、その寒さを

 もろともしない

 熱い戦いを観戦しました。



 ドイツサッカー1部リーグ
 
 ブンデスリーガの

 マインツvsドルトムント!


FePOjlmWnA.jpg

 サッカー通の方は

 すぐにお察しだと思いますが

 日本人が所属するチーム同士の対決。


UlMTbzQZje.jpg



 青唐辛子と116円 

 人生2度目の

 地球一周の旅の模様です。

 最初の滞在地は、メキシコ。


ZuK4d3Stxs.jpg

 紺碧の海と、透き通った空。

 音を立てる白波や

 極彩色のカラフルな街並み。


oly0vQD7B5.jpg

 肌を焼く常夏の日差しに

 中南米のスパイシーな食材が

 存分に、五感を刺激します。


UVJjD0tjhz.jpg

 普段、眠っている感性を

 目覚めさせてくれるような

 まさに、異国の世界です。



 「陽気なメキシカン」とは、…



 地球二周目 

 少し遅めの正月休暇。

 人生2度目となる

 地球一周の旅に出てきました。



 最初の地球一周は

 2014年のことですので

 もう3年前になります。


Qs2hrBe3gT.jpg

 その時は、ニューヨーク、バルセロナ

 マドリッド、アテネ、ドーハ

 バンコク、成田という東周り。



 ですので、

 アメリカ、スペイン、ギリシャ

 カタール、タイの5ヶ国。


DE9QD4ceAN.jpg

 今回も、同様に東回りで・・・…



 この島で。 

 戦後70年。

 ニューギニアを訪れた

 僕に、衝撃の出逢いがありました。



 それは、

 ウェワクから北へ1時間ほど

 ボートを走らせた島でした。


vs8c067IMv.jpg

 終戦を迎えた日本軍が

 捕虜として収容された

 「ムッシュ島」という場所です。



 祖父の所属していた

 第41師団・歩兵239連隊は
 
 編成当初、4109名。



 しかし、

 このムッシュ島の土を

 踏ん…



 南へ、5000km。 

 先日、夏休みをもらって

 ある南の島に
 
 行ってきました。


7hUpC1m8tl.jpg

 日本の遥か南

 オーストラリアのすぐ北に位置する

 パプアニューギニアです。



 日本の国土の2倍の面積を誇り

 世界で2番目に大きい

 ニューギニア島。


 
 現代でも、様々な部族が

 ジャングルの中で暮らす

 「秘境」と呼ばれる、ニューギニア。


1dABnQXo4x.jpg

 美しい海があり

 ダイビングをしたいとこ…



 東南アジアの美 

 カンボジアでは

 文化や歴史や風景に
 
 触れる毎日だった。


ORCOhnJLFc.jpg
 
 城門や寺院

 壁画などの装飾

 大蛇や阿修羅の巨像。



 「アンコール・トム」は、

 「巨大な街」という

 意味だそうだが・・・


KXQXGsWtZb.jpg

 この地に生きる人々の

 宗教観・宇宙観が

 凝縮されたような遺跡。



 とりわけ、

 仏面が刻まれた

 幾多の塔は圧巻だった。


lSm6MTEfUV.jpg

 バイヨン寺院の内部…



 いま、穏やかで静かな時間。 

 タイを後にすると、

 今度は

 秘境が眠るカンボジアへ。



 バンコクから

 飛行機で1時間の距離にある

 シェムリアップです。


Bnj1XDn3yb.jpg

 空港からの道路は、

 端から端まで

 冠水してました!



 雨季ということもあり

 突然のスコールも

 日常茶飯事というカンジ。


dJUd1toLjG.jpg

 そんな中

 世界遺産にも登録されている

 「アンコール・ワット」です。


 
 広大な森…



 ハングオーバー! 

 バンコクから

 車で、1時間半。

 そこから、船で20分。



 着いたのは、

 白い砂浜が美しい

 こちら・・・☆


khaVDiOed7.jpg

 太陽は

 焼けつくように熱く

 文字通り「夏休み」!



 ヨーロッパやアジア

 アフリカからも

 観光客が来ていました。


S4VFrp5tcR.jpg

 火照った体には

 冷たいビールが一番!

 タイの「シンハー」が美味い☆



 さらに、友人と

 ラム酒をソー…