プロフィール

プロフィール画像
金スマスタッフ

最近の記事

カレンダー

<<   2018年5月   >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

月別アーカイブ

<<   2018年   >>

ブックマーク

このブログで使用したタグ


夫・鈴木おさむから妻・大島美幸への手紙

結婚10年目を目前にして、みぃたんへ

僕とみぃは今年の秋で結婚して10年目になります。
本当にあっという間でした。
交際0日で結婚すると言う、他の人があまりしない結婚だったし、婚姻届けを出しに行った日が初めて二人きりになるなんて普通じゃありえない結婚。
婚姻届けを出して、初めて二人きりでファミレス行って、みぃが最初に言った言葉が「なんか気まずいですね」だもんね。結婚しちゃっているのに。

結婚してから、みぃは僕に敬語だったし、最初は本当にぎこちなかったのに、あれから9年たって、こんなに仲良く楽しい夫婦になれたのはみぃのおかげです。

これまでは鈴木家ではたくさんのルールをみぃが作ってくれました。
最初にみぃが作ってくれたルールが、お互いをニックネームで呼ぼうというもの。
僕はみぃのことを「大島」と呼び、みぃは「おさむさん」と呼んで僕にはすべて敬語。
ある日突然、みぃが「これじゃあぜんぜん仲良くなれないから呼び方をかえよう」とルールを作ってくれた。
みぃのことを「みぃたん」、僕のことを「むぅたん」と呼ぶことになった。正直、最初は罰ゲームだったけど、一週間たったら、敬語もとれて、僕がみぃに膝枕するくらいになってた。呼び方って本当に大切なんだなって思った。

そのほかにもみぃは、たくさんのルールを作ってくれました。
○誕生日、クリスマス、結婚記念日のプレゼントは大切にする
○より嬉しいプレゼントを渡せるように、お互いの日々の言動を聞き逃さないようにする
○メールは送るときは最低3行以上は絶対に書く
○交換日記を毎日書く

他にも沢山沢山あるけど、みぃが作ってくれたルールのおかげで、どんどん仲良くなって、僕もみぃのことをどんどん愛していったし、みぃも僕を愛してくれるようになりました。
本当に本当に結婚して良かったなって思えるし、みぃと出会えて幸せだったと思ってます。

ただ、一つ困ったのは、みぃはうまいお菓子とかたくさん知ってるから、むぅもどんどん太って行っちゃって、75キロだった体重が98.8キロまでになっちゃった。
完全にデブ夫婦になったね。


そんなデブ夫婦の僕らを、結婚10年目を目の前にして、
金スマがタニタダイエットをさせてくれることになった。
僕もみぃもほぼ人生マックスの体重になってたから、

そして始まった一ヶ月のタニタ生活。
最初は僕も不安。みぃも不安。始まる数日前から夫婦でカリカリしてたね。
だって、今までは週に二回は一緒に夜食事に行っていた。しかも深夜に焼き肉とかそんなのばっかり。
だけど、この生活をすると、それが出来なくなる。本当に不安だった。

でも、始まってみて、そのご飯のうまさとマンプクぶりに本当にビックリした。
みぃは最初の頃はすぐに「腹減ったー」って言ってたけど、そのうちあんまり言わなくなったよね?

10日ほどたったころだろうか?
このタニタ生活を始めてから本当に本当に体調がよくなったことに気づいた僕が、みぃにその話をしたら、みぃも「本当に体調がいい」と言ったよね?
そのときに、「こんないい体調だったら、前みたいな食生活を直したい」と言ったよね。

タニタ生活を一ヶ月。
この生活のおかげでたくさんのことに気づけました。
残念ながら、一緒に食事をすることがあまり出来なかった。
だけど、三食一緒のものを食べていた。93食、同じものを食べた。
今まで出来なかった経験だった。
その生活を出来たおかげで、今までなんとなく見過ごしたことにも気づけました。

だから、今まで鈴木家のルールはみぃが沢山作ってきたけど、結婚10年目を前にして、今度は、僕から鈴木家のルールを提案したいと思います。


おさむと美幸が結婚10年目を超えて、もっと幸せになれる10のルール。

① 週に一度は一緒に朝ご飯を食べよう
今まで家で一緒に朝ご飯を食べることはほとんどなかった。でも、このタニタ生活のおかげで、何度か朝ご飯を一緒に食べられることが出来た。
朝ご飯を食べるとその日一日のパワーの出方が違うことが本当に分かった。
簡単な料理でいい。オクラとご飯とキムチスープでいい。
週に一度は一緒に朝ご飯を食べよう!

② 週に一度は一緒に夜、家で作った料理を食べよう
今までは、僕もみぃも時間があまり合わないから夜、外食ばかり。
たま~に料理を作ってくれても、夜中にしか食べることが出来なかった。
でも、週に一度はみぃが料理を家で作ってくれれば、会議と会議の合間でも家でご飯を食べるために帰ってきます。それが夫婦にとってとても大事だって分かったよ。
だから、みぃも作ってほしい。
みぃも仕事してるから、なかなか出来ないかもしれないけど、そういう時はいつもみぃがやってくれている掃除、洗濯を僕が少しでもやれるようにします。
みぃが作った健康的な料理を、夜ごはん、一緒に食べよう。週に一度は。
ちなみに、そのあとにアイスを食べるのはよしとしよう!

③ 野菜を食べよう
野菜がどんだけ体にいいか分かったね。みぃは嫌いな野菜も多いけど、今回好きになれたのもあったよね??サラダだけじゃなく、色んな調理法があって、野菜ってうめーなって本当に分かった。だから、野菜を沢山食べようね。
今日、スーパーに行って、ブロッコリーとオクラを沢山買ってきました。

④ 家で魚を焼いてほしい
夫婦の生活をしていると、地味に我慢したり言えないことって沢山あるよね。それを言えるかどうかって夫婦にとってとても大切だと思う。
僕は千葉の房総出身で魚が大好きなのはみぃも知ってるよね?でも、みぃは魚を触れないし、魚の生ものも食べられない。それに綺麗好きだから、魚を一回焼くと、網が臭くなるし汚くもなるから、あんまり魚を家で焼くのも好きじゃなかったよね?
でも、僕は「本当は家で沢山、沢山魚を食べたい!」。
これがみぃにあんまり言えなかった本当の思い。
だけど、このタニタ生活のおかげで、みぃは魚のうまさを改めて感じてくれたはずだ。
だから、家で魚料理を作ってくれたりしたら、本当に嬉しい。

⑤ 毎日、体重計に乗ろう
僕もみぃも太ってくると体重計に乗るのが怖くなるから、体重計を無視するようになるよね。これ、デブあるある。でも、今回改めて体重計に毎日乗ることの大切さを知ったよ。
体重計はこれから、毎日乗ろうね。

⑥ 指輪をしてください
今年、みぃは指輪をしていた指がうっ血して、臭くなったと言って、指輪を外していた。正直、指輪を外している手を見る度に寂しかった。夫婦の大事なものをうしなった気がした。そう思ってたら、僕もその数か月後、太って指輪が入らなくなった。最悪だった。
でも、タニタ生活のおかげで、指輪を取り戻せた。これがないと、夫婦じゃない気がしちゃうから、お願い!指輪が入るように体をキープしよう!

⑦ 親の料理に感謝しよう
今回、タニタ生活で毎食、何種類もの料理を作って貰った。
子供の頃、食卓には、色んな料理が並んでいた。ひじきや煮物、漬物。その一個一個に手間暇かかっていたのに、今回、この生活をして、改めて、あの時の親の料理に感謝している自分がいます。みぃもそうだよね?
だから親の作ってくれた料理に今一度感謝しようね。

⑧ 健康診断に一年に一回は行こう
タニタ生活の前に健康診断をしたら、僕は肝臓の数値も悪かったし、心臓も肥大してると言われて最悪の結果だった。体調も年中悪かったし。
あらためて健康診断は大切だと思った。
みぃもあまり健康診断してないよね?特に受けてほしいのは乳がん検診。
生前、川村カオリさんは、みぃにも直接言ってたよね?「病気になる時は、まさか、私が!!って誰もが思うんだよ。だから検査しなきゃダメだ!」って。
僕も受けるから、みぃも、健康診断&がん検診、受けようね!

⑨ 少しでも長生きしよう
最初の検査で「3年後には心筋梗塞になる可能性があります」と言われた時に、本当にドキっとした。自分は高血圧とか、そういう病気にならない!と思っていたけど、高血圧になっていたし、肝臓も悪くなってた。
だけど、タニタ生活やって、食べ物で本当に変わるって分かった。みぃもそうだよね??
絶対に、僕もみぃもいつかは死ぬわけで、その時に、後悔はしたくない!って本当に思っています。どちらかが病気になった時に、「もっと食生活に気を付けていればよかった」なんて後悔したくない。そんなの絶対嫌だ。出来れば、長生きしたい。
みぃはたまに言ってくれるよね?「むぅがもし死んだら、もう生きてる意味がないよ」って。凄く嬉しいよ。
でも、僕もそうです。みぃが死んだら抜け殻です。何も出来なくなってしまいます。
若いうちに死んだら本当に悔しいし、寂しい。
お爺ちゃんとお婆ちゃんになって、一緒に老衰出来たらそんなにうれしいことはないけど、
それはほぼ無理だもんね。
なるべくみぃと笑顔で長くいれるように、病気は気を付けたい。
覚えていますか??結婚して3年目くらいの時に、僕が肺が痛くなって、検査したら「肺に白い影があるから、再検査したい」って言われて。僕もみぃも「肺がんかも」って考えちゃって。再検査の結果を聞きに行く時に、診察室に、僕が入って行く時にみぃは待合室で「絶対、大丈夫だよ」って笑顔で送り出してくれた。でも、あの時、みぃの笑顔が凄く無理していたのが分かった。寂しそうだった。
結果、病気は治るものだった。本当に良かったと思った。みぃと抱き合った。
あの時の、みぃの心配な顔を見るのが嫌だ。みぃが病気になるもの嫌だ。本当に嫌だ。
今回、食事を気を付ければ色んな病気は防げるって本当に分かった。
だから、なるべく健康に生きて、すごく痩せるのは無理だから、健康なデブでいよう!
そして長生きしよう。
もし、どっちかが先にさよならする時には、笑顔でさよなら出来るようになろう。

⑩ 爺ちゃんとお婆ちゃんになってもおならをかぎあえる夫婦でいよう
僕とみぃはしょっちゅうおならを嗅ぎ合ってます。お爺ちゃんとお婆ちゃんになっても、おならを嗅ぎ合って笑っていられる夫婦になろう。
みぃのおならは超臭いのに、タニタ生活のおかげで、匂いが半分になった。ありがとう。

以上、10個のルール。
もっともっと幸せになって、「結婚はいいもんだよ」と人に思わせられる夫婦になろう!
心の底から愛しています。

夫 おさむ


  • カテゴリ:指定なし