プロフィール

プロフィール画像
坪井安奈
元女性セブン編集部・スクープ班で活躍
した坪井安奈が、「日刊ビビット」
直撃リポーターとして現場を駆け回る!
放送では入らない芸能直撃裏話を
ご紹介します!

最近の記事

カレンダー

<<   2019年10月   >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

『コンビニ人間』作家・村田沙耶香さん 一番好きなコンビニ作業は「レジ打ち」!?

取材先での裏話をご紹介する「坪井安奈の直撃スクープ裏話」。
今回取材したのは、第155回芥川賞を受賞した『コンビニ人間』の作家・村田沙耶香さん

『コンビニ人間』は、タイトル通り、コンビニを舞台にストーリーが展開されていくリアリズム小説。
18年間コンビニでアルバイトをする36歳の未婚女性の主人公は、
まさに、村田さんの経歴そのものでもあります。

一体どんな方なのだろう…?
やはり、「クレイジー沙耶香」の異名に違わず、
クレイジーな方なのだろうか…?

ドキドキしながらその時を待っていましたが、実際にお会いしてビックリ!

7zVtQj5hvL.jpg▪︎『コンビニ人間』作家・村田沙耶香さん
コンビニサイン会(8月24日)

現れたのは、透き通るような白い肌に、優しい目の、ほんわかとした雰囲気の女性。
落ち着いたベージュ色のワンピースには、
ブレスレット、リング、アンクレットなどのアクセサリーが映え、すごくオシャレな感じが漂っていました。

お手軽で実用的なコンビニのイメージとは真逆とも言えるような実物の村田さん。
この方が18年間もコンビニでアルバイトを!?
それ自体が、ある意味クレイジーなのかもしれません(笑)。

周りからは「クレイジー沙耶香」と呼ばれているという村田さんですが、ご自身ではあまりその自覚はないそうで…

「人に言えるほどそれほどクレイジーではないような気がしていて…」
「クレイジーというよりかは、いろいろポンコツだなと思います。間が抜けているんだと思います」


「クレイジー沙耶香」ならぬ、「ポンコツ沙耶香」…!

たしかに、ほんわかした雰囲気をお持ちなので
少し天然な部分があるのかも!?


ちなみに、村田さんが一番好きなコンビニでの仕事は「レジ打ち」とのこと。

「程よい距離感で、お客様が好きなものを買って、それをお包みしてお渡しするというのがすごく好きな作業です」
「他(のレジ打ち)もやったことがあるのですが、やっぱりコンビニが一番素の状態のお客様と向き合えるような気がしていて。祝日だったら寝巻きのお客様とか、毎朝コーヒーやタバコを買っていかれるお客様とか、お客様の日常のそばにいるような感じがしています」


私たちの生活の中に、当たり前に存在するコンビニ。
親しみやすい題材と、読みやすいタッチでありながら、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説と言われるほど
読んだ後に心にズシンと響くものがある作品です。

読書の秋に先駆け、オススメしたい1冊です♩


  • カテゴリ:指定なし